トップイメージ
破産宣告を検討する人で持っているローンに対し保証する人が存在するときには早い段階で相談をしておいたほうが無難です。もう一度、改めてお勧めしますが、借金に保証人を立てているときは破産手続きの前段階によく検討するべきです。もし破産してOKが出ると保証人となる人が負債をいっさいがっさい支払う義務が生じるからです。ですから、破産宣告以前に保証する人に、それらの経緯とか現状について説明しお詫びをしなければいけないでしょう。これは保証人になってくれた人からすれば当然のことです。破産の申告をするのが原因で強制的に数百万もの返済義務が回ってくるのですから。そうして、その後の保証人である人の選べる選択肢は次に示す4つです。一つめは、その保証人が「全額支払う」ことです。保証人が何百万もの金額をポンと返金できるというような財産を用意していれば、できます。ただその場合は、あえて破産申告せずその保証人に借金して今後は保証人となる人に定額返すという手順も取れると思います。保証してくれる人が債務者と親しい関係にあるのなら、返済期間を長くしてもらうこともできるかもしれません。またひとまとめにして完済できなくとも、業者も話し合えば分割に応じることもあります。あなたの保証人にも債務整理を行われてしまうとお金が一円も戻らないリスクを負うからです。また保証人が保証した負債をあなたに代わりまかなう経済力がないならあなたとまた同じように借金を整理することを選ばなくてはなりません。続く選択肢は「任意整理をする」ことです。この手順では債権者側と示談する方法で3〜5年の期間で弁済する形になります。弁護士にお願いするにあたっての経費は債務1件ごとにだいたい4万円。7社からのローンがあった場合28万かかります。当然貸した側との話し合いを自ら行うことも不可能ではないですが、この分野の知識がない素人の場合向こうがあなたにとっては不利な案を押してくるので、注意する必要があります。また、任意整理を行うということはあなたは保証人に債務を払ってもらうわけなので、あなた自身は長くかかるとしても保証人に返済を続けていくべきでしょう。次の3つめはその保証人も借金した人と同じく「破産宣告する」ことです。あなたの保証人も破産した人とともに破産申告すれば、保証人である人の義務も消滅します。ただし、保証人がもし不動産などを持っている場合はそういった個人財産を取り上げられますし、法令で資格制限のある業務に従事している場合などは影響は避けられません。次の個人再生を検討するといいでしょう。最後の4つめの選択肢は、「個人再生という制度を利用する」ことができます。住宅等の不動産を残したまま負債の整理を希望する場合や破産申し立てでは影響が出るお仕事にたずさわっている人にふさわしいのが個人再生による処理です。この処理の場合自分の住宅は残せますし、破産宣告の場合のような職業にかかる制限資格にかかる制限が一切ありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mekanikdisorder.com All Rights Reserved.