トップイメージ

クレカを機能停止するという行為に間して言えばそれは意外に取っ付きやすいものではありますが、使用不可能化する上でチェックしておきたいいくつかの留意点についても理解しておいたら、クレカの契約解除申請についても少しの手間で行うことが可能になるに違いありません。

箇条書きにしてみたのでもしもの時は、参照して頂ければ、と思います。

カード加入手続きの直後半年も経たずいきなり無効化は非推奨⇒クレジットカード加入した後すぐに当のクレジットを契約失効すると、要注意人物などと信用情報取扱機関に処理される予期せぬことがあるのです(例えば頻繁に申請⇔使用取りやめになどという作業をやってしまったようなとき)。

実際に成約時のギフトカードのプレゼントのゲットが目的である契約の場合、ギフトカードや優待券を始めとした申請時の優待権を残らず手に入れたから即座に登録解除の実行をしたいと思うようになる人情もうなずけます。

それでもクレジットカード会社から見た立場より推察するとそのような契約者に絶対自社ブランドの提供するクレカを所持されて無用な損失を出したくないなどというように判断するという意思決定が下されても不自然ではありません。

そのため、あくまで契約特典目当てでクレカをを申し込んでしまった時でも間髪入れず失効せずに最低でも6ヶ月、出来れば契約後1年にわたって登録したクレジットを保有して契約解除の電話はその後で行うということを推奨したいと思います。

他には登録時の優待券ということに終わったことではなく何の気なしに作成してみたとは言え使いづらいので早く契約を解除したい・・・というように考えてしまう時においても、まず六ヶ月以上はそのクレジットカードを保有するようにして頂きたいです。

登録するの方で何となく思っているのとは裏腹にクレジットカードを事務作業等を含めて発行する用のマージンというのはかかってしまうものですから、ほんの気持ち程度の楽をさせてあげようなどというように考えてもらえるとお互い悪い気分にはならないのではないでしょうか。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mekanikdisorder.com All Rights Reserved.