トップイメージ

借入などの引き落し方式はカード会社の方針に応じて相当差異があって、多様な方式が採用されてます。

基本的にはスライド方式やリボルディング払い法が取り入れられているようです。

斯様な誰しもが知ってるリボルディングですが実を言うと計算にはいろいな手法といったものがあるのです。

ゆえにその様式によって支払合計額が異なってしまうわけですから、把握しておいて損をするようなことはないと思います。

じゃあやさしくそれぞれのやり方のへだたりを解説しましょう。

一つは元金均等払いというもので、その次は元利均等払いというものです。

それぞれ読んで字のごとく元本を均分にして払っていくというのと元金と利息についてを合わせて均分に返済していこうという方式になります。

ここではたとえば10万円借り入れたというように具体的にどういう算出をするかやってみます。

金利に関してはどちらも15%と仮定し考えます。

更にまたリボ払いについての額を1万円とし計算します。

まず元金均等払いのほうからです。

斯うした場合の1度目の返済は1万円へ利息分の1250円を合計した引き落としとなります。

次回の支払については1万円に利子分の1125円を加算した支払額へとなります。

こうして10回分で支払いをお終いにすると言う手法です。

他方で元利均等払いというものは1回目の返済については1万円でそこから元金へ8750円利息に1250円といった感じで分配するのです。

次回の返済については元金が8750円へと減った状態にて利息を計算し1万円を更にまた分配します。

言い換えれば元利均等払いのケースでは10回で返済が完了しない勘定になります。

たったこれだけの相違で両者がどれぐらい相異なってるのかが十分に分かって頂けたことと思います。

元利均等とは元金均等と比較して、まぎれもなく元金が減っていくのが遅いというようなウイークポイントというものが存在したりします。

詰まるところ金利を余計に返済するといった状態になるわけです。

一方、初回の引き落しが些少な額で落ち着くといったプラスというものも存在したりするのです。

こういう引き落し手法についての相違に連動して支払いトータルは違ってきたりしますから自身の計画に合う使用法を取るようにしていきましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mekanikdisorder.com All Rights Reserved.