トップイメージ

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを売買の注文をして儲けを狙う取引です。カードローン 在籍確認

売り買いの値段は、二十四時間上がったり下がったりします。にんにく卵黄

それが為替相場です。任意整理のデメリット

インターネットを見ているとドル円やユーロ円の情報が流れる場面があります。シアワセ雑記帳

例としてあげると、「今の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。コンブチャクレンズ ミネラルコンブチャパウダー

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表現しています。ボニック

言い換えると、売り買いには買いと売りの2つの価格が存在します。

売値のことをBID、買値のことをASKと表している業者もあったりします。

通常は買値よりも売値が安価に決められています。

私達が買値は高く、売値は低くなるのです。

この差をスプレッドといいFX取引会社の収益となっています。

スプレッドは取引会社によって変化します。

スプレッド幅はコストになるので低いFX会社をセレクトするほうが儲けられます。

ただ、場面に応じてスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。

日常的にはドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの差だったとしても市場の上下がとても大きい場面では大きくなる事があります。

という訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じく、安定しているのが肝心です。

この頃では動かないスプレッドの幅を表示する取引会社も多く存在します。

リアルに業者の売買画面の上で実際の為替レートを見て確認しなければ区別できないので億劫ですが、とても重要なことです。

大切な資金を投入して売り買いをするのだから本当のトレードの前に、興味がある取引会社の新規取引口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッド幅を実感しましょう。

同じ通貨ペアでもその時点の為替相場の状況によって通貨のスプレッドの狭さは異なることがあります。

一般的には、インターバンク相場で流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さくそれ以外の通貨ペアではスプレッド幅が広がるのが一般的です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mekanikdisorder.com All Rights Reserved.